おいしいハムづくりへの想い

大山ハムは1954年(昭和29年)、美しい空気と水に恵まれた山陰の名峰・大山で創業しました。創業時から掲げるおいしさの原点は、シンプルながら手間を惜しまないこと。1959年にドイツ人マイスターを招聘して、本格的なハムづくりを始めてからおよそ60年経った今でも、その熱い志と技術は変わらず受け継がれています。

美しい自然と水に恵まれた大山で生まれました。

3つのこだわり

01 製法

肉本来の味や食感を活かすために、塩や香辛料は直接手で丁寧にすり込む「乾塩せき法」、味を均一に染み込ませるために毎日、調味液につかった肉の上下を入れ替える「漬けかえ」など、美味しさの決め手になる工程には時間と手間を惜しみません。ドイツのマイスターより受け継いだ、手わざとこだわりの製法を変わらず守り続けています。

02 素材

ハムやソーセージに適した原料肉を熟練した職人の目で厳選。また、製品に応じて使用する塩も厳選しています。ひとつひとつ選びこだわり抜いた素材と熟練の職人の技が相まって、おいしさを引き出すことが私たちのハムづくりです。

03 伝統

1954年、大山の麓に生まれた大山ハムは、その豊かな自然、澄んだ空気やミネラル豊富な水といった恩恵を贅沢に授かりながら、物づくりの精神や伝統を引き継いでまいりました。大山からの恵みに感謝しながら、その名に相応しい「自然」で「本物」のおいしさを持った製品を、これからも多くの人たちへお届けしてまいります。

おもな表彰・受賞歴

わが国初の「食の匠」
フードマイスター称号授与

私たちの製品づくりが、社会的にも高い評価をいただいたのは、1991年。農水省主催の食品産業優良企業等表彰において、当時の弊社技術者が技術功労者に選ばれ、わが国初の「食の匠」フードマイスターの称号を授与されました。
ドイツ農業協会(DLG)に
2005年から連続受賞中

2005年に、ドイツ農業協会(DLG)主催の国際品質競技会に初出品し、金賞6個、銀賞3個、銅賞3個を受賞。以来、出品を続け、2018年まで連続受賞し本場ドイツでも高く評価されています。

おいしさと安心をお届けするための取り組み

HACCP承認 製品の製造過程において、食品衛生上の危害管理をすることで、製品の安全性を確保する制度「総合衛生管理製造過程(HACCP)」の承認を、1998年より受けています。
ISO22000認証 国際標準化機構が定める食品安全の国際規格、ISO22000:2005認証を、2010年に取得しました。
とっとり食の安全認定制度
(クリーン・パス)
自主的衛生管理が一定レベル以上にあることを鳥取県が認定する制度で、2014年に認定されました。

時間と手間を惜しまない。
それが私たちのハムづくりです。

大山ハム株式会社 公式サイト | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー | よくある質問 | お問い合わせ